はいはい残暑残暑。でも、たまーに涼しさも感じるようになったかな?

暑い夏が過ぎ、涼しい風の最初のひと吹きを感じたとき、なんだか地球の大気が
ほっと肩をなでおろしたような感覚を覚えます。

そこらで売ってる果物もお魚も、どんどんおいしくなってきてますね。
うん。太るね。知ってる。

grapes.jpg



さてさて今回は、前回に引き続き、ユーザーさんの感想を大紹介!
……だと思ってたでしょ?

そこで意表を突くのがノナプルナイン。
また、新シリーズを始めてみようかなと思い立ちました。

感想のシリーズと今回のシリーズを交互にやっていくことによって、
飽きずに長編企画を楽しめるという寸法なのだ!
ブログのネタも、これでしばらく持つしな! ハッハッハァー!
めざせ毎週更新!



でもって、新しく始めようとしているのは……

「天門さんのノナプルナインサントラ・曲名紹介」です!

ノナプルナインのゲーム中で流れるBGMは、
すべて天門さんの作曲だって知ってました?

jacket_sample01.jpg


新海誠監督の、心をえぐる決して忘れられない映画「秒速5センチメートル」や、
映像も物語も残酷なまでに美しいPCゲーム「ef - a fairy tale of the two.」
楽曲を担当されている方ですよ!


Wikipediaによると、

――主にピアノやヴァイオリンをベースとした、美しい旋律の曲を特徴とする。

となっています。
もちろんノナプルナインでも、ピアノの旋律で「透明感に満ち満ちた切なさ」や
「凍りつくような冷たい静けさ」などを表現していただいています。

が!

天門さんによる心臓が100倍の速さで脈打つ超ドッキドキのスリリングな曲や、
息が詰まったまま昇天しそうになる緊迫感テンコ盛りのサスペンスフルな曲は、
なかなか他では聴けません!

そして、ノナプルナインのサウンドトラックに収録されているこれらの楽曲は、
天門さんと相談のうえ、開発チームで題名をつけさせていただいています。

この題名にも、楽曲の雰囲気やノナプルナインの世界観はもちろんのこと、
物語の背景や科学の小ネタなど、ちょっと引くぐらい様々な意味を込めました。
中には……物語の結末を予感させるものも!?

クックック……とにかく、突っ込めるところすべてに伏線を突っ込んでいくのが
ノナプルナインのやり方なんですぜ親分!


nonuplenine_heroine.png



……と、いうわけで。
これらを、天門さんに曲を発注した時のエピソードなどもかるーく交えながら、
1~2曲ずつのんびり紹介していきたいなと思っておりまして。

でもブログなので、視聴できないのが残念…………と、思うでしょ?

http://www.interq.or.jp/piano/tenmon/
こちら、天門さんの「電奏楽団」WEBページの「Album」から、
「TS:NONUPLE NINE」を選んでいただくと、一部の曲が視聴できる
MP3をダウンロードできちゃいますよ。







さてさて。
前置きはこのくらいにして、さっそく1曲目の紹介にまいりましょう。

その名もずばり、「TS:NONUPLE NINE」! 本作品のメインテーマです!

ノナプルナイン最新無料版では、1度でもセーブデータを作ったことがあれば
タイトル画面でこの曲が流れます。
上記の視聴曲の中で言うと、「nonuplenine001DEMO.mp3」がそうですね。
視聴版でも、全体の半分くらいを聴くことができるみたいです。


nonupletitle.jpg


「TS:NONUPLE NINE」……ゲームのタイトルと同じなわけですが、
そもそもこれって、どういう意味なの? とお思いの方も多いかと。

実は「TS」とは、Test Subjectの略。つまり「実験台/被験体」という意味です。
ゲーム中のヒロインの立場そのものですね。

では「NONUPLE」というのはどういう意味?
シングル、ダブル、トリプル……という数え方は、皆さん聞いたことがあるはず。
でも、その後って知ってます?


nonuple.png



来た! ノナプル!
そう、これは「九重の/九倍の」という意味の英単語だったんです。

そして「NINE」は、もちろん数字の9。
つまりノナプルナインというのは、「九重の9」という意味になります。

ホラ。007って書いて、ダブルオーセブンって言うでしょ。
アレみたいなもんよ(大ざっぱな説明)。


009.png


つまり、「被験体:999999999」って、サブタイトルなのかと思ったら
そのまんま繰り返してるだけだったということになりますね。

「スーパーマリオブラザーズ ~すごいぜマリオ兄弟~」的なことですよ。
「コールオブデューティ ~今日も仕事が呼んでる~」とかさ。
「ゴッドオブウォー ~うおおおおおお神!~」みたいな。


話を戻しましょう。


天門さんに楽曲を発注するときには、曲をどんな場面で使うかや、
その曲に持たせたいイメージ・メッセージをできるだけくわしく説明します。
メインテーマということもあって、じっくり話し合いを重ね、
世界観を共有
した上で制作に入っていただきました。

そのイメージとは、具体的に言うとこんな感じです。


Nature00.jpg


圧倒的な大自然の力の前になすすべもなく、人間の小ささを感じてしまう
ようなとき。
でも自然というのは、恐ろしさの裏に信じられないほどの優しさや美しさも
持っていて、時にボロボロになった心を癒してくれますよね。

ゲーム中でガイドというキャラクターも話していますが、
「自然の美しさ」というのは、別に海や山や樹海に迷い込まなくても、
ホンの少し視点を変えるだけで、意外と簡単に見つけられる
ものなんじゃないかと思っています。


Nature01.jpg


木の葉の葉脈で、フラクタルの妙を愉しむ。もくもくした雲の動きに、
カオスとゆらぎの神秘を感じる。そしてぼくたち人間自身の精緻な構造に、
自己組織化の究極形を見出す。

ちょっと難しい話になっちゃいましたが、ノナプルナインの物語を最後まで
楽しんでいただければ、こういうことがとってもカンタンに実感できるように
なるはずです。


さて。この曲に込めてほしいとお願いしたのは、そういう自然の途方もない
巨大さ・壮大さと、ささやかな優しさ・包容力の両方。
言葉としては、「絶望の中に見出した一筋の希望」という表現を使ったのを
よく覚えています。

出だしは天門さんの十八番、澄んだピアノの旋律。でもやがて、
真っ黒な雲が重々しく垂れこめてくるような、低く暗い曲調に。
それがしばらく続いた後……ここからが、この曲の本領発揮です。

ぼくがイメージしたのは、分厚い雲の層を割って天から下りてくる、
何本もの光のはしごでした。


sky.jpg


映像を瞬時に浮かばせるっていうのは、やっぱりその曲が
すばらしいものであることのわかりやすい証拠なんだと思います。
まさに、「絶望の中の希望」。見事としか言いようがありません。

現在公開中の無料版では、「セーブデータのあるタイトル画面」で
流れるのみのこの曲。
もちろんゲーム本編でも使用予定はあるのですが、それが果たして
どんなシーンになるのかは、製品版でのお楽しみです。


IMG_4729.jpg


ちなみに。
ノナプルナインのサウンドトラックは、2014年の夏コミ(C86)で
天門さんの新譜として初お目見えしました。

もう1年も経ってるので、在庫はかなり少ないみたいです。
入手しておきたい! という方は、通信販売をご利用ください。
以下のサイトが、唯一扱っている場所とのことです。

【COMIC ZIN】
http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=1947



そして、さらに告知をば!

ノナプルナイン最新無料版が、厳しい厳しい審査を経て、ついに
DMM.com様とDLSite様での取り扱い開始に至りましたー!
いえーい。やったね。


【DMM.com】
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_084204zero/?i3_ref=search&i3_ord=20
(PCからのみ閲覧可能)


【DLSite】
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ143171.html



DMM様のほうは、なんとレビューを書くことができます。
きっとたくさんの方が見てくれると思いますので、よろしければ
感想を書いてみていただけるととってもうれしいです!

DLSite様のほうは、「お気に入り」に登録することで、
製品版がリリースされたときにメールを受け取ることができるらしいです。
もう400人も、お気に入りに入れてくださっている方が……!
どうもありがとうございます。


ムービーは、YouTubeのほか、ニコニコ動画でも公開中。
ご存じのとおり、ニコニコにはコメントがつけられるので、
よければ何か書いてみてくださいませー。


【ニコニコ動画】



【YouTube】
https://youtu.be/O3RM9K3GWEc


隠し事がヘタなので全部しゃべっちゃいますが、
生っぽい話でアレですけどね、ニコニコ動画はコメントが付くと
「コメントが新しい順」でソートした時に上に来るんですって。
だから、コメントが付くほど他の人に見てもらいやすくなるんですわ。

もうね、ホント下世話な話で恐縮ですけど、応援のつもりで
コメントよろしくお願いしますです。


nonuplenine_deforme.jpg


さてと。想定していた以上の長文になってしまった。
ここまでお付き合いいただいた方、どうもありがとうございました。
最後、宣伝しかしてねえし。

でもね、ホント難しいんですよ。
がんばって面白いものを作っても、そもそも存在を知ってもらえなければ
プレイどころかWEBサイトさえ見てもらえない。

しかもこのご時世、みんな忙しいですしね。
わざわざ時間を割いてプレイしてもらうには、どうすればいいんだろう。

制作と同時に、プロモーションについても試行錯誤していきます。
応援してくださる皆さま、ぼくはくわしくないことも多いので、
時にはどうか知恵を貸してくださいね。

それでは、また次回。
来週末に、ちゃんと更新できるといいな。
またお会いしましょーーーーーーーーーーーーーーーう!


 
スポンサーサイト
[PR]



コメントの投稿

コメント



    最新記事